スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ハンガリー2012 #11「リスト音楽院」
DSC00436_convert_20121017095055.jpg

about meをご覧下さった方はもうご存知だと思いますが、

大学を卒業して、2年間ブダペストにあるリスト音楽院に留学していました。

リスト音楽院と言えば当時は名門で、(今もか)

最初、

「あ〜わたしなんかが行けるわけないよな〜。」と羨望してました。

でもそれが次第に、

「あ〜行けたらいいなぁ。」

「行きたいなぁ。」

「行く!!」

と思いが変わっていき、

行くと決めたからには、なんの迷いも無く、

ただどうすれば入学出来るのか?と探し求めていました。

大学4年に上がる前の春のことです。

コネも繋がりもないし、どうすれば良いか最初は皆目検討もつきませんでしたが、

照準が合うと、不思議に情報が入ってきて、
(1999年当時は一般にPCも普及してなかったしね)

「そうか!ハンガリーのサマースクールに行って直接先生と繋がりを作ればいいのか!!」

と、1999年7月に一人ハンガリーへ飛び立ち、
(当時、ハンガリーの南に位置する、旧ユーゴスラビアでコソボ問題などあり、
ハンガリーの治安は大丈夫なのか?と周りからさんざん心配されましたが、大丈夫でした〜。)

そしてサマースクールでコネクションを作って帰りました。

それが、留学の第一歩。


いや〜若かったですね。

今、そんなガッツがあるかは不明。。。。

日本に帰ってからは、

もうリスト音楽院で勉強していると仮定(妄想ともいう。。)して、

生活してました。


2000年2月に入学試験を受けに再びハンガリーへ行き、

なんとか合格して、

2000年9月には例のアパートに住んでました。


強く願えば夢は叶う。




さて、そんな母校リスト音楽院の現在はというと、


DSC00434_convert_20121017095012.jpg

創立に協力したリスト・フェレンツの銅像が壁に座っている。

でも今は改装工事中ということで、


DSC00435_convert_20121017095033.jpg


授業は別の場所で行われているということです。

2013年完成。



DSC00510_convert_20121017095114.jpg


リストはハンガリー人の誇りです

リストは生まれはハンガリーですが、主にオーストリア、ドイツでの生活がほとんどだったので、

ハンガリー語は話せなかったらしいです。

因に、一般的にリストは、

フランツ(名)・リスト(姓) ですが。

ハンガリー語で読むと、

リスト(姓)・フェレンツ(名) です。

ハンガリーでは、日本と同じく、人名は姓・名の順に読みます。



リストはとても男前で、初めてピアノだけ(ピアノソロ)でリサイタルを開催した人なんですが、

実力はあるし、男前だし、パフォーマーで、

ファンの女性が沢山いたらしい。

あまりの格好良さに、卒倒した女性ファンもいたとか。

今でいうアイドル的存在ですね。



DSC00514_convert_20121017095135.jpg



リスト音楽院、いかがですか?

留学してみませんか?

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

【2012/10/23 16:56】 | ハンガリー2012 | コメント(0) | page top↑
<<ハンガリー2012 #12「行きつけのカフェ」 | ホーム | ハンガリー2012 #10「私の住んだアパート」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。